ポジティブな辞められない理由もある

システムエンジニアの業界は昔は男性の職場という色合いが強かったが、最近は女性も少なくない。開発チームの中に女性の姿も良くみかけるようになった。

システムエンジニアという職業は、人とコミュニケーションを取る事が非常に重要となる。主な作業は、クライアントの要望をヒアリングする、ヒアリングした結果をチームと共有して要件定義書に起こす、要件定義書から設計書を作成する、プログラマーと意思疎通して要件通りに作り込まれているのかを確認する、作成したシステムをクライアントに納品するなどだ。人と話をするのがメインの職業のため、多くの女性の傾向としてある穏やかな物腰や気配りは、プロジェクトを円滑に進めるために必要と言えるだろう。
反面、まだまだ女性が働きやすいとは言えない職業だ。時短勤務などを導入している企業は多いが、繁忙期では残業・徹夜が当たり前の職業となっている。幼い子を持つ母親はある程度は免除される場合もあるが、いよいよという時は残業を命じられたり、仕事が終わらず家に持ち帰ったりするケースもある。

その代わり女性という事を理由に区別される事は少ない。多くのシステムエンジニアは唯一無二と言えるようなスキルを持っているため、男女区別なくそのスキルを発揮する事を求められるのだ。
また、給与に関しても男女の区別はない。完全能力主義のため、やる気次第で女性でも管理職に昇進する事ができる。
良くも悪くも性別による区別がない職業と言え、辞めたいと思うほどの激務ではあっても、自分の能力に誇りを持てるために辞めるには惜しい職業なのである。

Comments are closed.

TOP