離脱者を減らす対策が必要

Filed in 離脱者を減らす対策が必要 はコメントを受け付けていません。

システムエンジニアの仕事はハードなスケジュールも多く、仕事を辞めたいと考える人は数が多い。
しかし管理職など上の立場にある者としては、簡単に仕事を辞めてもらっては困る事になる。もし離脱者が現れたとしたら、スタッフの穴を埋めるために新たなエンジニアの人材を探さなければならない。IT業界では慢性的な人材不足の状態にあるため、次の新たな開発メンバーがすぐに見つかる保証もない。

そこで、できるだけ開発現場からの離脱者を減らす取り組みが求められる。
エンジニアたちが仕事を辞めたくなる大きな要因は、忙しいスケジュールにある。もし開発メンバーが十分に休息を取れていないと判断するなら、スケジュールを調整して休息を取るよう促す事が職場からの離脱者を減らす対策になる。
また開発現場での日々の業務でも、疲弊しがちなシステムエンジニアたちを鼓舞するための心掛けが欠かせない。モチベーションが上がれば、仕事が辞めたくなる気持ちも解消できるだろう。人のモチベーションを上げるのが得意な管理職がいる開発現場は、多少開発スケジュールが忙しくとも離脱者は少ない傾向にあるようだ。

ただしやる気が上がり気力でカバーするだけでは、過労で倒れる者が出る事になりかねない。モチベーションアップと体調管理の気配りを両立させる必要があり、管理職の気苦労は多い。しかし、忙しい中開発プロジェクトをやり遂げた時の達成感も管理職は人一倍強く感じられるのだ。

TOP