なぜ辞めたいと思うのか

Filed in なぜ辞めたいと思うのか はコメントを受け付けていません。

システムエンジニアは技術革新が早いと言われており、場合によっては会社から資格取得などを求められる事もあり得る。技術についていくためには、朝から仕事をして帰った後も、家で勉強をする必要があるのだ。日々勉強となるとプライベートの時間までも仕事に侵食されて、頭の中は常にシステムエンジニア関係でいっぱいになってしまう。リフレッシュする時間が取れなければ、仕事に対するモチベーションは低下してしまうだろう。
そして、納期が近づいてくると終電まで残業して、酷い時は徹夜しなければ間に合わないケースも中にはある。
こういう理由から体力的にも精神的にも余裕がなくなり、最悪の場合は鬱やノイローゼなどの精神的な病にかかってしまい泣く泣く退職する事も実際にあるのだ。これではなぜ仕事するのか、なんのために仕事するのかわからないまま時間だけが過ぎて自分を見失ってしまう可能性すらあるだろう。

そしてそれに拍車をかけるのがクライアントへの対応だ。システムエンジニアはクライアントありきの仕事で立場が弱く、どんなに完璧にしたつもりのものでも、クライアントの要求に叶っていなければもう一度やり直さないといけない事もある。
こういった大変さから仕事辞めたいと思うのは当然と言える。パソコンを使ってするモノづくりの職人だという意識をクライアントにも持ってもらえるようにしたり、無理難題の要求や急な仕様の変更を減らしていけるような工夫をしたりしなければ、立場が弱いシステムエンジニアが辞めたいと思うのを止められないだろう。

何か改善するための対策が立てられ上手くいけばいいが、状況を変えるのは簡単ではない。そんな中、いざ辞めるかどうかを真剣に検討しようと思った時は/「システムエンジニア、辞めたい」と思ったら見るサイト/のように他の人がどういう選択をしてきたかがわかるサイトが今後を決める参考になるはずである。

TOP