システムエンジニアの仕事におけるデメリット

Filed in システムエンジニアの仕事におけるデメリット はコメントを受け付けていません。

システムエンジニアの仕事におけるデメリットには、まず多忙による体力の消耗が挙げられる。
やるべき事があまりにも多いために残業が多く、さらに責任感も問われる事で精神的な疲労も大きいのである。そのために、辞めたいと感じるシステムエンジニアは少なくない。
実際に人材不足は深刻で、プロジェクトを円滑に遂行する人材不足により開発に携わるメンバーの負担はさらに増している状態である。

また、他にデメリットとして挙げられるのは、開発現場でキャリアを積んだ人材がそのままシステムエンジニアとなるために、基本的なビジネススキルを身につけていない事がある。これはクライアントとの折衝や開発メンバーとのコミュニケーションの必要性から考えると致命的なものになりかねない。円滑に仕事を進めるためには、十分なコミュニケーションが不可欠であるからだ。
例えばクライアントの要望を仕様書にまとめる際にも、その要望を深く探るヒアリングができなければ、開発途中での変更が増える事になる。これは多くの現場で問題となる原因であり、防ぐためには事前に十分なヒアリングを行う必要がある。

二つのデメリットは密接に関係しており、ヒアリング不足の結果としてエンジニアの作業負担が増加し、無駄な残業も増える事で自身の負担も増加する悪循環となる。
それを防ぐために必要なビジネススキルを身につける環境が用意されていないのが、最も大きなデメリットと言えるだろう。そして無駄に体力や精神力を消耗し続けてしまう事で、辞めたいと考えるようになるのだ。悪循環を断ち切るためには環境整備を急ぐ必要がある。

TOP